2008/2/28
ザルツブルク州メディア・インフォメーション
ハウスマンスタッテンの電話交換センター周辺のがん発症率増加が証明された

情報源 Proven Increase in Cancer Incidence Around Telephone Exchange Center Hausmannstätten
翻訳 加藤やすこ(VOC-電磁波対策研究会

この記事に取り上げられている疫学調査結果の概要(PDF。 翻訳 加藤やすこ)
その情報源
※編注・10μw/㎡=0.001μw/c㎡

英語への翻訳:カタリーナ・T・グスタフ、C.T.,
ブリティッシュコロンビア翻訳者通訳者協会公認会員

ザルツブルク州
メディア・インフォメーション
2008年2月28日、ザルツブルク

ハウスマンスタッテンの電話交換センター周辺のがん発症率増加が証明された
ザルツブルクの有名な環境衛生専門家が陳述を退ける

 「疫学者として、私は科学に専心し、研究結果のデータの解明を正す」。ザルツブルクの環境衛生専門家、ゲルド・オベルフェルドは、申し立てによると、ファソールヅベルグとハウスマンスタッテンの既に存在しないCネットワークに、がん発症率増加の原因があると考えた彼を、モバイルコム・オーストリア・AGが訴えた時に、こう答えた。

 ゲルド・オベルフェルドによって提供されたデータは事実である。それは、科学的研究の範囲内で、発症率の有意な増加が、ハウスマンスタッテンの電話交換センター周辺の地域で、あらゆるタイプのがん増加が最高で8倍まで高くなったことを証拠書類で実証した。乳がんと脳腫瘍は、とくに広く行き渡っていた。

 ゲルド・オベルフェルドによる研究の予備調査の間、スティーリア州(訳注:オーストリア南東部の州)の郵便電話通信局を引退した技術者は、ハウスマンスタッテンの電話交換センターのこの場所で、Cネットワークの送信機が稼働されていたことを裏付けた。さらに、この情報提供者は、チャンネルの数はもちろん、送信機の明確な出力を具体的に述べることができた。

 がん発症率の有意な増加を引き起こすことが可能な、その他の可能性がある要因は、ゲルド・オベルフェルドによって見つけられなかった。

 研究の予備調査の間、ゲルド・オベルフェルドは、連邦運輸革新技術省(BMVIT)によって、今では稼働していないネットワークのデータに関する連邦省の情報は削除され、その結果、BMVITはこの種の有効な情報を持っていないと伝えられた。居住者と近隣地域の付加的な研究は、問題となっている年月の間、彼らがそのような送信機に気づいていなかったことをはっきりと示した。

 モバイルコム・オーストリア・AGが、引用が文脈から削除されている限り、研究の内容を調査するように見えるだけであることに、注目するのは興味深い。たとえば、121倍高いリスクが推計されたという主張は、ゲルド・オベルフェルドによって断固として退けられた。この研究で、この増加は最も高い被曝グループの脳腫瘍の事例についてだけ議論された。大きな衝撃が理由の「文脈を離れた不完全な結果の引用」は、研究の背景のまじめな科学的評価を考慮せず、したがって、事実に基づく議論について基礎を形成することが全くできなかった、とゲルド・オベルフェルドは言う。

 モバイルコム・オーストリア・AGの法的な話し合いは、ゲルド・オベルフェルドに実施した研究を撤回することを強く要求することを通達すると同時に、従わないと損害のために法的な行動を起こすと脅した。

 ゲルド・オベルフェルドは、彼の部分に何ら過失を認めることができなかった。ハウスマンスタッテンの電話交換センター周辺のがん症例の有意な増加は事実であり、議論の余地はない。もしも、携帯電話ネットワークではなく何か他の原因で増加が起きたなら、科学的な全体像から確実に再検討されなければならない。現時点では、しかしながら、ゲルド・オベルフェルドは彼が利用できる情報の正確さを疑う理由がない。ハウスマンスタッテンの電話交換センターでCネットワーク送信機がなかった、という主張について、モバイルコム・オーストリア・AGは十分な証拠を提供することができなかった。

 パニックと恐れる人を増やさずに、恐れられたリスクを調査する、携帯電話技術について確かな方針が、オーストリアには必要だというモバイルコム・オーストリア・AGによる主張は、ゲルド・オベルフェルドによって非常に高く賞賛された。悪影響を受けた人々の恐れと懸念が尊重される潮時だが、すでに同様の傾向が数年間示されているという科学的な結果も含み、私たちが共に解決法を探すことを含む。私たちは最終的に、正しい方向で共同の出発点を見つけるだろう!

下記の電話番号で:0662/8042-2969、
ゲルド・オバーフェルド博士は2時から4時まで質問に答えています。




検索エンジン等からこのページへお越しの方へ - トップページはこちらです